レーザー治療とは

レーザー治療で使われるレーザーにはいくつか種類があります。
(Er-TAGレーザー、CO2レーザー、半導体レーザー、Nd-YAGレーザー、He-Neレーザー等)
機器によって、それぞれ得意とする治療の分野が異なります。

レーザー治療のメリット

殺菌、消毒

歯周病で歯茎が腫れたときに、殺菌して傷の治りをよくしたり、消毒して腫れを抑えたりします。
歯茎に直接あてて歯周病菌を殺菌するのにも使います。

痛みの軽減

よく歯が痛むのだが痛む場所がどこだかはっきりしないときに全体的にあてて、
治りを早くしたり除痛したりします。

レーザー治療

レーザー治療の種類

歯茎の漂白

歯茎の色がところどころ黒くなっていたり、全体に黒ずんでいる歯茎をよく見かけます。

これは食物などで着色したりしたものではありません。

シミ、そばかすのように皮膚に黒色色素産生細胞ができ黒くなったものです。
これは除去しなければ治りません。

Nd-YAGレーザーはこの色素細胞の除去に適したレーザーです。

虫歯予防

レーザーを当てることによってエナメル質の耐酸性が増し虫歯になりにくくなります。

フッ素の吸収

フッ素を歯に塗った時にレーザーを当てるとフッ素の吸収がよくなり虫歯になりにくくなります。

虫歯の治療

初期の虫歯であれば麻酔注射の必要なく歯を削ることができます。

歯周病治療

レーザーを歯周ポケットに当てることによりポケット内の細菌を除去することにより、歯周組織の健康を保つことが出来ます。

Nd-YAGレーザーは組織に浸透します、殺菌、除菌、傷の治りを早くする効果があります。

Nd-YAGレーザー

Nd-YAGレーザー

Er-YAGレーザー

Er-YAGレーザー